North American P-51D Mustang 製作記

製作スタートです
North American P-51D Mustang

タミヤ1/72ウォーバードコレクションのノースアメリカンP-51Dムスタングです。このシリーズ共通の組みやすさとカッチリしたモールドのキットです。

1
まずはコクピットから
North American P-51D Mustang

飛行機模型の基本的な順序ですが、まずはコクピットから製作します。ほぼキットのまま、シートベルトのみエッチング製にしています。あとはできる限り丁寧に塗装し、全体にエナメルのシルバーでドライブラシをかけています。

2
順次、進めていきます
North American P-51D Mustang

そのまま、どんどん組み立てていきます。パーツ同士がピッタリ合うので、組み立て自体はスラスラ進みます。増槽は組み立てたときに隠れる部分にピンバイスで穴を開け、爪楊枝を差込み、クリップで保持して塗装します。

3

塗装を進めます
North American P-51D Mustang

塗装を進めます。機体の塗装と同時に、脚、プロペラなどの小物も平行して、塗装していきます。機体の銀塗装には、GSIクレオスのスーパーステンレスを使用しました。ところどころ、変化をつけるために、スーパーアイアン、8番シルバーを使っています。

4
マーキングです
North American P-51D Mustang

マーキングはキット付属のデカールを使用しています。余白を切り取るとバラバラになりそうでしたので、そのまま張り込み、後でクリアコートするようにしてみました。クリアでデカールの厚みを隠そう・・・、って事です。

5
完成しました
North American P-51D Mustang

全体のパネルライン、リベットにスミ入れをしました。タミヤエナメルのフラットブラックとフラットブラウンをほぼ1:1で混ぜて使用しています。全体をクリアコートしたのち、機首のオリーブドラブを塗装しました。ツヤのある部分と完全なツヤ消しを再現してみたかったのですが、さて、いかがなものでしょうか。

North American P-51D Mustang 製作記 TOP