De Havilland Mosquito NF Mk.XIII 製作記

製作スタートです
De Havilland Mosquito NF Mk.XIII

タミヤ1/72ウォーバードコレクションのデハビランド モスキートの夜間戦闘機型です。個人的に夜間戦闘機というフレーズに弱いんですよ・・・。

1
製作進行中
De Havilland Mosquito NF Mk.XIII

各パーツを整形、組み立てて行きます。同じ色で塗装するものはできるだけ、まとめて仕上げてしまいます。先に組み立てるほうが都合の良いものはドンドン組み立て、塗装後に組み立てるほうが良いものは塗装の後、組み立てて生きます。

2
ちょっとワンポイント
De Havilland Mosquito NF Mk.XIII

主翼下面にクリアパーツで再現するライトがあります。説明書ではクリアパーツの裏側から銀で塗装するようになっていますが、今回は主翼上面のパーツ内にモデラーズのメタルックを貼り付けました。それにより、クリアパーツを塗装せず、銀色を再現するようにしました。

3

コクピットの製作
De Havilland Mosquito NF Mk.XIII

コクピットの製作です。少ないパーツで精密に再現されています。シートベルトのみ、エッチング製のパーツに交換しました。

4
どんどん進行していきます
De Havilland Mosquito NF Mk.XIII

胴体を組み立てています。コクピットのパーツに主翼に通す桁を接着して、胴体を張り合わせるようになっています。おかげで左右の主翼もガッチリ固定できます。同時に主脚などのパーツも組み立て、塗装を進めています。

5

ここだけは直しましょう
De Havilland Mosquito NF Mk.XIII

エンジンナセル後方、主翼上面に下面に取り付ける、エンジンナセル(主脚収納庫?)とのパーツの合わせ目に大きな段差ができます。今回はプラ板を張り合わせ、隙間を瞬間接着剤で埋めました。そのあと、主翼上面と面一になるように、耐水ペーパーで仕上げます。

6
塗装をします
De Havilland Mosquito NF Mk.XIII

塗装を進めていきます。まずはオーシャングレーを塗装します。今回もGSIクレオスのイギリス空軍機セットのラッカー塗料を使用します。水平尾翼は迷彩を塗装してから取り付けるようにしましたので、それぞれ塗装を同時に進めいてきます。

7

塗装その2
De Havilland Mosquito NF Mk.XIII

続いて、ダークグリーンを塗装します。今回も迷彩はフリーハンドで行いました。プロペラなどの小物も同時に塗装を進めています。その後、機体下面のブラックを塗装します。最終的にクリアコートでツヤを調整するため、デカールの貼りやすさを考えて機体下面のブラックはツヤ有りを使用しました。

8
基本塗装終了
De Havilland Mosquito NF Mk.XIII

基本的な塗装が終了しました。このあと、キット付属のデカールを使用して、マーキングを施していきます。この時点では、ほぼ、ツヤ有り状態です。機体上面なども塗装後、完全乾燥したら、ティッシュ、布などを使って磨いております。そのほうが、デカールの密着具合が良くなると思います。

9
完成しました
De Havilland Mosquito NF Mk.XIII

マーキングをして、最後に鮎釣り用の0.1号のテグスを使用してアンテナ線を張って、完成です。今回は半ツヤより少々ツヤ有りにしています。汚しもしておりません。木製機ってことで当然、錆び、塗装はがれなどもほぼ無いと思いますので・・・(木製といってもすべて木ではありませんけどね・・・)。イメージとしてのツヤと考えてください。

De Havilland Mosquito NF Mk.XIII 製作記 TOP