Spit fire Mk.Vb 製作記

製作スタートです
Spit fire Mk.Vb

タミヤ1/72ウォーバードコレクションのスピットファイアMk.Vbです。このキットも少ないパーツで確実に組みあげることができます。

1
まずはコクピットから
Spit fire Mk.Vb

コクピットから製作します。少ないパーツで抜群の再現度。一瞬1/48かと思ってしまうほど、モールドも精密です。そのモールドを潰さないよう、丁寧に塗装するだけで十分ではないでしょうか。

2
順次、組み立てていきます
Spit fire Mk.Vb

コクピットから、胴体、そして主翼を組み立てていきます。

3
基本の組み立て、完了
Spit fire Mk.Vb

基本的な、機体の組み立てがほぼ、完了しました。パーツの精度が良いので、合わせに問題はないのですが、念のためパーツ整形の前に溶きパテを流し込んでいます。その後、ラッカーの薄め液を染み込ませた綿棒で拭き取ります。

4
ほぼ、姿が見えてきました
Spit fire Mk.Vb

組み立てはほぼ、完了です、あわせてプロペラ、主脚などのパーツも組み立て、塗装を進めておきます。

5
塗装作業を進めます
Spit fire Mk.Vb

機体の塗装を進めます。まずはキャノピーをマスキングし、ダークグリーンで機体上面を塗装します。プロペラなどは塗装を完了しました。

6
迷彩塗装です
Spit fire Mk.Vb

続いて、オーシャングレーを塗装します。迷彩の境目をぼかすために、今回はハンダ線を使用し、マスキングしてみます。ハンダ線は0.6mmのものを使用、低粘着性の両面テープで機体に貼り付けています。ハンダ線は自由自在に曲がりますので、塗装図jを参考に塗わけラインに沿って貼り付けます。

7

迷彩塗装です 2
Spit fire Mk.Vb

ダークグリーンを残す部分はGSIクレオスのマスキングゾルでマスクしておきます。

8
迷彩塗装です 3
Spit fire Mk.Vb

オーシャングレーを塗装しました。外側からブラシで吹き付けると、機体全面に渡って、ほぼ均一なボケ幅で迷彩ができます。写真はマスキングゾルとハンダ線を剥がした状態です。

9
迷彩塗装です 4
Spit fire Mk.Vb

機体の基本塗装が終了しました。今回のハンダ線を使った塗装では、水平尾翼は後から取り付けるほうが、すべてにおいて安全、なおかつ簡単です。私は先に組み立ててしまいましたのでちょっと塗装が大変でした。

10
機体下面の塗装
Spit fire Mk.Vb

機体下面はミディアムシーグレイで塗装します。機体側面との境目はあえて、ボケ幅を作らず、塗分けました。

11
マーキングはデカールで
Spit fire Mk.Vb

ラウンデルをはじめ、マーキングはキット付属のデカールで仕上げます。機体の基本塗装が済んだ段階で、ティッシュペーパーで磨いています。できるだけ、グロスに仕上げた後、GSIクレオスのマークセッターとマークソフターを使って、張り込んでいきます。

12
汚してみました
Spit fire Mk.Vb

今回も汚れを再現するようにしてみました。パネルラインに沿って、薄めたブラックを吹いています。写真で見ると、メチャクチャブラックの汚れがきつく見えますが、実物はそれほどでも・・・。個人的には気に入った仕上がりになってはいます。

13
塗装終了
Spit fire Mk.Vb

アップです。この後、クリアで全体のツヤを整えます。個人的なイメージから、ほぼつや消し状態に仕上げました。本当は金属なので完全なツヤ消しでは無いと思うのですが、なんとなく第2次大戦の機体はツヤ消しってイメージがあるので・・・。

Spit fire Mk.Vb 製作記 TOP