アルバトロス.D2 製作記

製作開始!
アルバトロス.D2

エデュアルド1/48、アルバトロス.D2のインジェクションキットです。簡易インジェクションといわれる物ですが、仮組みをして調整をすればなんら問題なく組めると思います。今回はエッチングパーツとマスクシートの付属したプロフィパック版を使用しました。

1
コクピットの組み立てです
アルバトロス.D2 アルバトロス.D2

まずはコクピットから。特に変わった所はありませんので、塗装の順序だけを考えて先に接着できるところは接着してしまうようにしました。座席後ろのバルクヘッドは仮に止めてあるだけです。まずはMr.カラー44番のタンをエアブラシで塗装しました。奥にあるクリップで止めたプラ板は後で木目を書き込むための色合わせと練習用です。

2

コクピットの塗装・組み立て
アルバトロス.D2 アルバトロス.D2

コクピット内部のパーツに木目を書き込みます。Mr.カラーの43番ウッドブラウンに22番ダークアースを少量加えて筆塗りで書き込んでいきます。エンジン・シートもそれぞれ塗装を済ませて組み込んでいきます。シートベルトは付属のエッチングパーツを使用しています。

3
胴体・プロペラの木目塗装
アルバトロス.D2 アルバトロス.D2
アルバトロス.D2

胴体とプロペラの木目塗装です。胴体にはMr.カラー44番のタンに少量のダークイエローを混ぜた色をエアブラシで塗装しておきます。そこに、Mr.カラー41番のレッドブラウンと22番ダークアースの混色を薄めたもので筆塗りしていきます。パネルごとに向きを変えながら書き込んでいきます。プロペラは22番ダークアースに41番レッドブラウンで木目を書き込みます。

4
胴体・翼の塗装
アルバトロス.D2 アルバトロス.D2
アルバトロス.D2

胴体と垂直尾翼に赤を塗装するためのマスキングをします。赤はMr.カラー114番RLM 23レッドを使用しています。その後、主翼と尾翼をブラウン・ライトグリーン・ダークグリーンで塗装します。ブラウンは43番ウッドブラウン。ダークグリーンは23番ダークグリーン2。ライトグリーンは122番ライトグリーンに白を混ぜた物を使用しています。いずれもMr.カラーを使用しています。

5

主翼取り付け〜張り線加工
アルバトロス.D2 アルバトロス.D2
アルバトロス.D2

上主翼を取り付けます。支柱と脚柱はMr.,カラー115番RLM65ライトブルーで塗装しておきます。上主翼上面と下主翼下面は塗装していません。また、主翼を組み付ける前に張り線を通す穴を0.3ミリのドリルで開けておきます。鮎釣り用のテグスを上主翼上面で瞬間接着剤で固定。穴を通してクリップで挟んでテンションをかけておきます。ピンと張った状態で瞬間接着剤で固定します。後ははみ出した部分を切り取ってペーパーなどで整形しておきます。

6
主翼の塗装〜デカール貼り
アルバトロス.D2 アルバトロス.D2

上主翼上面と下主翼下面の塗装をします。はみ出さないようにマスクをして、エアブラシで塗装します。その後、デカールを貼りこみます。発色も良く、しっかりなじんでくれます。これにて完成とします。

アルバトロス.D2 製作記 TOP