メッサーシュミットBf-109E4 製作記

製作開始!
メッサーシュミットBf-109E4

タミヤ1/48メッサーシュミットBf-109E4です。今回はこのキットと1/48MMシリーズのドイツ電源車を組み合わせてみたいと思います。あえて、Fw-190ではなくBf-109なのがへそ曲がりです・・・。

1
コクピットから機体の製作
メッサーシュミットBf-109E4 メッサーシュミットBf-109E4

コクピットを組み立て、塗装を済ませて機体に挟み込みます。何の問題も無くパーツが合いますのでサクサク進めています。コクピットの塗装はブラックで下地を作ってからMr.カラー60番RLM02グレーで、影を残すように塗装しています。主翼も同時に組み立て、先に胴体、翼には組み立てる前にリベットを打っておきました。

2

機体の製作
メッサーシュミットBf-109E4 メッサーシュミットBf-109E4

同じ色で塗装する部分、先に塗装する部分はまとめて塗装しておきます。このあと、Mr.カラー60番RLM02グレーで塗装しました。コクピットにはエッチングのシートベルトを使用しました。このあと、キャノピーをマスキングして全体の塗装を進めます。

3
機体の塗装 その1
メッサーシュミットBf-109E4 メッサーシュミットBf-109E4

機体の塗装を進めます。黒立ち上げで塗装しますので、さきにブラックを塗装します。また、機体下面などのライトグレーの部分は下地がブラックでは濃いと思いますので、その部分はMr.カラー116番のRLM66ブラックグレーを使用しています。機体下面はMr.カラー117番RLM76ライトブルーです。

4

機体の塗装 その2
メッサーシュミットBf-109E4 メッサーシュミットBf-109E4

続いて機体上面の塗装です。まずはMr.カラー37番RLM75グレーバイオレットを塗装します。パネルラインを残すように塗装します。同時に胴体側面にもモットリングを入れていきます。その後、マスキングをして同様の方法でMr.カラー36番RLM74グレーグリーンを塗装します。機首・垂直尾翼のラダーにはMr.カラー113番RLM04イエローを使用して塗装しておきます。

5
小物の塗装・組み立て〜デカール貼り
メッサーシュミットBf-109E4 メッサーシュミットBf-109E4

プロペラなどを塗装して、最終的な組み立てを済ませてから、デカールを貼り込んでいきます。今回はキット付属のデカールが黄ばんでいましたので、手持ちのエアロマスター製を使用しました。ほんの少々オーバースケールなように感じますが・・・。この後、簡単ベースと電源車を製作しました。電源車とケッテンクラートはあっと言う間に組みあがります。調子に乗って一気に塗装まで済ませました。

メッサーシュミットBf-109E4 製作記 TOP