四式戦闘機 疾風 製作記

製作開始!
四式戦闘機 疾風 四式戦闘機 疾風

ハセガワ1/48の疾風です。いつもどおり、まずはコクピットの組み立てです。先に組める部分は組み立ててから、まとめて塗装しています。青竹色をエアブラシで塗装、その後細かい部分は筆塗りです。塗装が剥がれた雰囲気を出すために、銀で強めにドライブラシをしています。

1
胴体とエンジンの組み立て
四式戦闘機 疾風 四式戦闘機 疾風

胴体・主翼とエンジンも順次組み立てていきます。胴体は左右を組んでからでも、下からコクピットをはめ込めますので、先に主翼と一緒に組み立て、合わせ目の処理とスジ彫りを彫り直しておきます。エンジンは別途組み立てて塗装を済ませておきます。今回はツヤ消しブラックを吹いて、銀のドライブラシで仕上げました。

2
機体の組み立て
四式戦闘機 疾風

胴体と主翼を組み立てます。コクピットを挟み込んで主翼を接着します。合わせ目に少々隙間ができそうでしたので、マスキングテープで少々上半角を付けてあげるようにして固定します。この間に水平尾翼などもパーティングラインなどのパーツ処理をしておきます。

3

塗装開始
四式戦闘機 疾風 四式戦闘機 疾風

今回の目玉、マーキングの塗装に入ります。まずは機体にマスキングテープを貼ってイラストを参考に大まかなアタリを書き込みます。それをスキャナで読み取り、図形ソフトで図形を書き起こします。こうすると垂直尾翼で鏡像になるマークも簡単に同じものが作れます。そのマークをプリントアウトしてマスキングテープを切り出す型紙として使用します。

4
順次塗装を進めます
四式戦闘機 疾風 四式戦闘機 疾風
四式戦闘機 疾風

まずは黄橙を塗装します。Mr.カラーの58番です。乾燥したら主翼前縁の帯をデカールを元にマスキングテープを切り出してマスクしておきます。尾翼の戦隊マークも先ほどのプリントアウトした図形を元にマスキングテープを切り出してマスクしています。次に国籍マークなどの赤くなる部分を塗装しておきます。ここも乾燥したらサークルカッターで切り出したマスキングテープでマスクしておきます。

5
プロペラの塗装
四式戦闘機 疾風 四式戦闘機 疾風

プロペラも機体と同じ色で塗る部分は同時に塗装を進めていきます。黄橙を塗装して乾燥後、マスク。濃緑色を塗装しておきます。

6

機体色の塗装
四式戦闘機 疾風 四式戦闘機 疾風
四式戦闘機 疾風

赤を塗装したら、マスキングをして、次は主翼・胴体の白い帯を塗装します。それも乾燥させた後、マスクしておきます。ここで、色んな色があちらこちらに残っていますので、一度全体を下地塗装としてブラックで塗装しておきます。

7
機体色の塗装 その2
四式戦闘機 疾風 四式戦闘機 疾風

機体下面を塗装します。パネルラインに下地の黒を残すように吹き付けていきます。上面は機首をマスキングしてから褐色を同様に、パネルラインに影を残すように塗装していきます。水平尾翼も同様に塗装しておきます。

8
塗装完了っ!
四式戦闘機 疾風 四式戦闘機 疾風
四式戦闘機 疾風 四式戦闘機 疾風

塗装が完了です。マスキングを剥がすときはドキドキしながらも面白いもので・・・。今回は無事はみ出したりする事もなく、進めることができました。この後はヨロヨレになった2000番の耐水ペーパーで全体の塗装の段差を均してから小物パーツを組み付け。最後にクリアコートで全体のツヤを調整しました。小物パーツを取り付けて完成とします。垂直尾翼の「34」の番号はマスキングなどでは無理ですので手書きとしました。

四式戦闘機 疾風 製作記 TOP