三菱 F-2A 製作記

製作開始!
三菱 F-2A

今回は、まずはここから始めました。インテイクのパーツの内部塗装です。手前になる部分は突き出しピン跡を処理しました。奥まった部分は組んでしまうと見えないので、ついついそのままにしてしまいました。ははは・・・。

1
脚収納庫の組み立て
三菱 F-2A

インテイクのパーツを組んで、同時に脚収納庫のパーツも取り付けて生きます。インテイクのパーツは合わせ目を処理して、脚収納庫と同時にホワイトで塗装しておきます。

2
コクピット〜胴体の製作
三菱 F-2A 三菱 F-2A

コクピットと胴体の製作です。エジェクションシートは後から組み込めますので、内部の塗装をしてから胴体上下を貼り合せます。その際に機首部分に錘を入れておきます。コクピット周りの塗装はいつもと同じ、ブラックの下地にMr.カラー73番で塗装しています。

3

胴体下部の組み立て〜取り付け
三菱 F-2A 三菱 F-2A

インテイクのパーツを組み込んで、胴体下部を取り付けます。その際にインテイクのパーツが落ち込む(位置がずれる)ようなので、先端の部分に0.3mmのプラ版でスペーサーを噛ませておきます。それ以外は問題なく組めると思います。

4
塗装に取り掛かります
三菱 F-2A

主翼・垂直尾翼なども組み立て・整形をして胴体に取り付けておきます。まずは各部のグレーを塗装。マスキングをして基本塗装の準備に取り掛かります。水平尾翼も整形を済ませ、別途塗装できるようにしています。また、各翼の後縁にある放電索は0・3mmの真鍮線に付け替えています。

5
基本の迷彩塗装です
三菱 F-2A 三菱 F-2A

基本の迷彩塗装を進めます。キット指定のカラーを使用しました。Mr.カラーの72番ミディアムブルーと14番ネイビーブルーです。今黒立ち上げの塗装はせずに塗装しています。迷彩はフリーハンドで。

6
一気に完成
三菱 F-2A

デカールを貼り、別に組み立て・塗装を済ませたタンク、ミサイル類やキャノピー、エンジンノズルなどを取り付けて完成とします。今回キットを購入してから随分置いたままでしたので、デカールダメになっていましたのでプラッツの別売デカールを使用しました。全体を半ツヤでコートしています。

三菱 F-2A 製作記 TOP